FC2ブログ

若者に結婚のお世話をする人が無くなった NO-263

◎ 近年個人情報保護法により、お世話する人が大減少した。
・会社では、上司が女性社員に、結婚を進めるのは避け出した。
 セクハラ、パラハラと誤解されたら、労組が文句を言ってくる。
・近所やお世話焼きばあさんが、モメごとは避けるために逃避。
 親戚も気にはなるが、言いにくいムードで自らはしなくなった。
・恋愛結婚は、この40年間全体の10%構成は変わっていない。
 知り合いってからの恋愛は、恋愛とはカウントされないのです。
・職場の上司や仕事関係者からのお世話は40%も過去あった。
 現在は、モメごとは避けたいので、お世話をしなくなってきた。
・親戚や近所のお世話焼きばあさんがお施2話しにく くなった。
過去は、お世話焼きの方からの結婚は50%構成であった。
◎会社の関係者からと親戚・近所のお世話役が激減してきた。
*また、合コンは大危険で、パーティーも素性が不透明で不安。
◎最終は、「結婚相談所」に入会することが最良の策であります。
*本人や家族の身上書があるので、安心してお見合いが可能です。
*躊躇しないで、早く婚活活動に取り組み早期結婚をしましょう!

2017.01.28 | | コメント(0) | 婚活



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

長澤慶和

Author:長澤慶和
大阪ブライダルサロン 株式会社ジェイ アンド シー企画 代表取締役 長澤慶和です。
当社(以下、OBS)の目的は
① 当社は、お見合いが出来ることに全力を傾注しますが、それは手段であつて、
② 目的は、会員様が幸せな結婚をしていただくことを、最終目的としております。
③ 結婚できることが、会員様の喜びであり、また当社の大きな喜びでもあります。

メールフォーム

 大阪ブライダルサロン

お名前:
メール:アドレス
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
372位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる